メニュー

Facebook
最新の活動情報を発信中!
狛江ボーイズ/facebook

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


今日 : 17
昨日 : 187
総計 : 554880

携帯サイト

はじめまして狛江ボーイズです!



はじめまして! 私たちは公益財団法人日本少年野球連盟東京都西支部所属『狛江ボーイズ』です。
ボーイズリーグに所属する野球が大好きな中学生チームです。
東京都狛江市で厳しく熱心なスタッフに支えられ硬式野球に明け暮れています。
目標は全国大会優勝と未来のプロ野球選手です。
◆狛江ボーイズの指導方針◆
(1)野球をしながら【友愛・規律・勇気・忍耐・結束】を身につけよう。
(2)本球団主旨目的から主体はあくまで子供達である。
 ・子供達の技術向上はもとより子供達にとって楽しく情熱をもって野球が出来るように指導することを基本とする。
 ・活動日は原則として[土日祭休日]にあたる日とする。学校行事と活動が重複するときは学校行事優先とする。

OB会の開催について



★OB会開催決定★


狛江ボーイズのOBの皆様、いつもお世話になっております。

OB会の開催が以下のとおり決定しましたので、ご連絡いたします。


 日時:令和元年8月14日(水) 12時集合 13時~ 紅白戦

 
所:狛江多摩川緑地公園グランド(河川・狛江市緒方4-1)


OBの皆様の沢山の参加をお待ちしております。


 ◎参加される場合は、お手数ですが下記までご連絡下さい。

  ・岩本(父母会長)  TEL:090-5246-7116 / Mail:yuuga420-hyouma924@docomo.ne.jp

  ・古谷(事 務 局) TEL:090-2637-1324 / Mail:komaeboys.furuya@gmail.com



最近の活動
最近の活動状況は、facebookに掲載しています。以下のアイコンをクリック! ※登録なしで誰でも見られます。



<第44回関東大会東京都西支部予選 第一ブロック>


35期公式戦初勝利!

最上級生(3年生)のいない今の狛江ボーイズ、“学年の壁を超えた公式戦勝利”を目指して昨年夏より戦い続けてきました。
その目標を最後の大会である関東大会予選にて成し遂げる事が出来ました(祝)

しかしスコアは1対4、放ったヒットは2本、内容としては自分達の力を存分に発揮し、勝利をもぎ取ったと言う形ではない事、試合後の選手達の顔が物語っていました。

ギリギリの勝負をモノにしていく細かな野球 、頭を使い考え工夫する野球、監督コーチのサインや期待に応える野球にはまだ遠いのかもしれません。

それでも、
今までの悔しい敗戦が生かされた場面が少しづつ増えて来た事、
安定した投手陣を中心に守りながら流れを作る形が見えてきた事、
入団して間もない1年生達が堂々とプレーし戦力になっている事、
36期による全力の応援が出場選手の大きな力になっている事、
これらは“学年の壁を超えた公式戦勝利”から“学年の壁を超えた上部大会進出(関東大会)”への期待を抱かせるものでした。

さぁ次週は武蔵野府中ボーイズとの関東大会進出をかけた戦いです!
選手権大会予選で敗れた悔しい気持ちを忘れていないはず、あれからわずか1ヶ月ですが、変わった成長した姿を見せられるように、まずはこの1週間しっかり準備をしよう。
そして絶対勝ち取れ!
頑張れ狛江ボーイズ!








<第50回日本少年野球選手権大会東京都西支部予選>


5月26日(日)真夏のような暑さの中、関東村グラウンドにて、大阪に向けた初戦、学年の壁を超えた公式戦勝利目指して、武蔵野府中ボーイズさんに挑みました。

狛江ボーイズ後攻。
初回1点を先制されるも、その裏4番のタイムリー、5番の2ランホームランで3点を奪い返し逆転します。
その後同点に追いつかれますが、3回裏この日2本目となる4番のタイムリー2ベースで3対4と勝ち越しに成功。
その後お互いゼロを並べて迎えた6回表、外野フライ2つで簡単に2アウトを取った後にヒットと四球でランナーを出し、その後連続タイムリーを浴び5対4と逆転を許します。
その裏の攻撃は先頭打者を2ベースヒットで出すものの、得点には繋げられず。
最終回も6回表と同じく2アウトランナー無しからの失点、裏の攻撃もヒットでランナー出すも無得点に終わり、6対4 悔しい敗戦となりました。

接戦、緊張する、痺れる展開に持ち込む事が出来ました、それは安定した守備(ノーエラー)が作り出したものです。
打撃はクリーンナップで5安打4打点と機能しました。
思い切った走塁も出来ました。
それぞれ成長を感じさせる内容でしたが、それでも勝てなかった、壁は越えられませんでした。

2アウトランナー無しからの失点、投手優位なカウントからの投球等、自らが流れを手放してはいないか?
後1本出ていれば、あの時ランナーを送れていればと、悔いが残ったのではないか?

来年のこの大会で勝ち進み、悔いを残さず笑顔で中学野球を終える為にも、まだまだ取り組まなければならない事が多くあると、認識したのでしょう。
残された時間を無駄にしないように、試合終えて河川グラウンドに戻り自主練する選手達の姿がありました。

頑張れ狛江ボーイズ!








<関東ボーイズ1回戦>

4月14日(日)千葉県東金青年の森球場にて、浦安ボーイズさんと対戦、0対4で敗北しました。
昨年選手権大会(全国大会 大阪)出場の33期から、1学年越えてバトンを受けた35期、目標である学年の壁を超えた公式戦勝利を掴み取る事は出来ませんでした。
試合を壊わす事なくなんとか作れましたが、流れを左右する場面での集中力、また流れをもってくる為の工夫、散発3安打に終わった打撃面等、今の選手達に足りないもの、課題も見えました。
GW中にも多くのオープン戦を組んで頂いてます。そんな恵まれた環境に感謝し、結果を出せるよう、常に試合を意識した練習を、1球を大事に集中して行っていこう!
練習あるのみ!

頑張れ35期!







<第36期入団式>

4月7日(日)狛江市立西河原公民館において入団式が行われ、36期18名が狛江ボーイズの一員としての第一歩を踏み出しました。
これからの活躍に期待しましょう!
頑張れ36期!





<関東ボーイズ開会式>

4月7日(日)こんにゃくパークカップ第22回関東ボーイズリーグ大会の開会式が、西武ライオンズの本拠地であるメットライフドームにて行われました。
今年は中学・小学合わせて184チームが参加、これだけ多くのチームで行われる入場行進は圧巻でした。また、バックスクリーンにはチーム紹介と行進する選手たちの姿が映しだされました。
頑張ろう35期!










掲示板
卒団生進学先

狛江ボーイズは創部35年以上の歴史と伝統のあるチームです。 名門高校野球部にOBを輩出しています。勿論甲子園出場を果たしたOBも居ます。 卒団生名簿はこちらへどうぞ。 卒団生進学先は

Produced by yakiu.com