メニュー

Facebook
最新の活動情報を発信中!
狛江ボーイズ/facebook

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失


今日 : 139
昨日 : 250
総計 : 507168

携帯サイト

はじめまして狛江ボーイズです!


はじめまして! 私たちは公益財団法人日本少年野球連盟東京都西支部所属『狛江ボーイズ』です。
ボーイズリーグに所属する野球が大好きな中学生チームです。
東京都狛江市で厳しく熱心なスタッフに支えられ硬式野球に明け暮れています。
目標は全国大会優勝と未来のプロ野球選手です。

◆狛江ボーイズの指導方針◆

(1)野球をしながら【友愛・規律・勇気・忍耐・結束】を身につけよう。
(2)本球団主旨目的から主体はあくまで子供達である。
 ・子供達の技術向上はもとより子供達にとって楽しく情熱をもって野球が出来るように指導することを基本とする。
 ・活動日は原則として[土日祭休日]にあたる日とする。学校行事と活動が重複するときは学校行事優先とする。
体験会・説明会開催のご案内

狛江ボーイズでは、2019年度新中学1年生を対象にした「体験会・説明会」を開催いたします。

狛江ボーイズでは、野球好きの少年たちがレギュラーを目指して日夜練習に励んでいます。
適度な人数で全員が一緒に練習ができ、一人ひとりが着実に力をつけることができます。
また、選手同士も仲が良く、チームワーク力で勝利を掴む野球が、狛江ボーイズの野球です。
中学生になったら硬式野球を始めたいと思っている皆さん、また、硬式野球に少しでも興味のある皆さん、
是非、狛江ボーイズの体験会に参加してみてください。皆さんの参加をお待ちしています。

第1回 2018年11月23日(金・祝)
◎受付9時30分から
◎体験練習10時から15時まで 練習場所@狛江多摩川緑地公園グラウンド(狛江市猪方4-1)
小田急線和泉多摩川駅より徒歩5分
第2回 2018年12月8日(土)
◎受付9時30分から
◎体験練習10時から15時まで 練習場所@狛江多摩川緑地公園グラウンド(狛江市猪方4-1)
小田急線和泉多摩川駅より徒歩5分
◎13時から 説明会@会場は当日ご案内致します
第3回 2018年12月23日(日)
◎受付9時30分から
◎体験練習10時から15時まで 練習場所@狛江多摩川緑地公園グラウンド(狛江市猪方4-1)
小田急線和泉多摩川駅より徒歩5分
◎13時から 説明会@会場は当日ご案内致します

練習場所はこちらをご覧ください。

お車でお越しの場合、駐車場はありませんので、
近隣の有料駐車場(自己負担となります。)をご利用ください。


※野球ができる服装でお越しください。
※グローブ・スパイク(軟式用で可)をお持ちください。
体験は、午前・午後の半日単位での参加も可能です。
1日体験される方は、お弁当をご持参ください。

ご参加をお待ちしています。
※体験会の日以外でも随時体験、お待ちしています。
  練習場所等は変更する場合がございますので、事前にご連絡ください。


◎参加ご希望の方は、下記へご連絡下さい。当日のご案内を致します。
・岩本(父母会長) TEL:090-5246-7116 / Mail:yuuga420-hyouma924@docomo.ne.jp
・古谷(事 務 局) TEL:090-2637-1324 / Mail:komaeboys.furuya@gmail.com
その他、ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

部員募集のチラシは、こちらからご覧いただけます。

※体験に参加される場合は、保護者またはチーム代表の付き添いの方と一緒にお越しください。
※体験会初回参加時のみ、「体験練習参加申込書」の記入提出をお願いしています。
以下リンクよりダウンロード、ご記入のうえ、当日ご持参ください。
PDF版はこちら。 EXCEL版はこちら。 詳しい入団案内等はこちらへどうぞ
最近の活動
最近の活動状況は、facebookに掲載しています。以下のアイコンをクリック! ※登録なしで誰でも見られます。


<狛江市民まつり>

11月18日(日)に行われた、第42回 狛江市民まつりのオープニングセレモニーに、
横浜DeNAベイスターズにドラフト4位で指名された勝又温史選手(30期卒団)がスペシャルゲストとして登場!
35期生も会場に駆けつけて大きな声援を送りました。

勝又選手は、11月10日(土)に横浜DeNAベイスターズと仮契約をし、背番号は「28」に決まったそうです。

頑張れ勝又選手!




<春季全国大会支部予選>

11月11日(日)春季全国大会東京都西支部予選1回戦が関東村で行われました。
相手は三鷹ボーイズさん、課題である守備、残念ながら大きな改善や収穫もなく、7つもの失策をし、8失点。
打っても2安打2得点、結果2対8不甲斐ない形で初戦敗退となりました。

この結果を受け、選手達は関東村から狛江のホームグランドまで約8kmの距離を走って帰りました。
昼食をとってから再び下半身強化のラントレを中心に練習メニューをこなしました。

来春には、ひと回りもふた回りも大きくなって、自信を持って試合に臨めるように、
これからの厳しい冬場トレーニングを全員で声を掛け合い乗り越えよう!

頑張れ35期!




<一年生大会決勝トーナメント>

11月4日(日) 一年生大会
予選リーグを突破したAチームが、決勝トーナメント1回戦で東村山中央ボーイズAさんと対戦しました。

この日の夜、卒団式が開催され卒団する33期の先輩達が残した、一年生大会準優勝という結果を超える為に、
Bチームも応援サポートとして帯同し、35期が一つとなって戦いましが、2対6敗北という悔しい結果になりました。

試合の終わりに、「中学野球の終わりに悔いが残らぬように、選手達自身で意識して考え、
          狛江での練習や、平日の自主練は当然のこと、学校生活、家族との時間も過ごして欲しい。 」
と言う監督・コーチの言葉が、選手一人ひとりに響いたはず!

三年生の夏には、33期の先輩を今度こそは超える事を目標に!

頑張れ35期!




<★祝 2018年プロ野球ドラフト指名★>

10月25日に行われた2018年プロ野球ドラフト会議において、
狛江ボーイズ30期OBである勝又温史選手が、
横浜DeNAベイスターズより4位指名を受けました。

勝又選手!
おめでとうございます!

狛江ボーイズの先輩がプロの舞台で戦う姿、本当に楽しみです。




<一年生大会予選ブロック最終戦>

前日の暑さから一転、肌寒く秋らしい体育の日となった10月8日(月・祝)、35期のメンバーはチームとBチームに分かれ、一年生大会の予選ブロック突破をかけた最終戦に、それぞれが臨みました。

午前はAチーム、相手は武蔵野府中・世田谷・武蔵多摩、3ボーイズさんの合同チーム、2回表に2点を先制すると、その後も投打がかみ合い、常にリードを保ったまた8対3で勝利、その結果予選Cブロックの1位通過を決めました。

午後はBチーム、相手は三鷹ボーイズさん、1回裏の攻撃で1点を先制しますが、3回表に逆転を許すと、その後も失点を重ね、6回裏無死満塁のチャンスも1本が生まれず、2対5で敗北、予選ブロック突破はなりませんでした。

本当に沢山の応援ありがとうございました!

また、グランドを提供頂きました東京府中ボーイズさん、三鷹ボーイズさん、ありがとうございました。

前日の不甲斐ない自分達を、少しは超えられたのでしょうか?
それでも今日も多くの失敗があったはず、その失敗から何を学ぶか、
何故打つ事が出来たのか?何故打てなかったのか?
あの場面何故失点を防げたのか、何故防げなかったのか?
考えて練習する事、考えて日々努力する事を積み重ねもっともっと強くなろう!

頑張れ35期




<秋季大会>

10月7日(日)真夏を思わせるような暑さの中、東京都西支部秋季大会1回戦が関東村グラウンドで行われ、相手は東京府中ボーイズさんでした。

先攻初回の攻撃、2アウト後、デッドボールで出たランナーをタイムリーヒットで迎え入れ先制しますが、その裏相手先頭バッターの出塁を許すと、ここ数試合で見せてきた粘りや硬守が影を潜め、3アウトが遠く13失点。
そのまま流れを止められず2対19、4回コールド負けとなりました。

沢山の応援ありがとうございました!

試合後、監督やコーチから頂いた言葉を、選手自身が理解し、次に繋がるように自分自身で考え行動できるか!?

明日は一年生大会予選ブロック突破をかけた大事な最終戦が、A,Bチーム共に控えてます、この悔しさをぶつけて目指せ両チーム決勝トーナメント進出!

頑張れ35期!!




<一年生大会 A&B>

9月24日(月・祝)、一年生大会がAチーム・Bチームともに行われました。

Aチームは東京府中ボーイズさんとの一戦。
序盤から打線がつながり、常に主導権を握りながら試合を進め、見事一年生大会初戦を9対5の勝利で飾りました。

一方のBチームは東村山中央ボーイズBさんとの戦い。
先制点をあげ序盤は打線がつながっていたものの、その後は点が線にならず4対8で痛い敗戦となりました。

悪天候が続き思うような練習が出来ませんが…出来る事をコツコツと…頑張っていきましょう。




<東日本選抜大会支部予選>

9月17日(月・祝)、東日本選抜支部予選の初戦、世田谷南ボーイズさんとの対戦でした。

前半こそ接戦でしたが、後半は得点を重ねられ0対7で6回コールド負けとなりました。
1点が遠く、相手投手をなかなか打ち崩すことはできませんでした。

この経験をもとに、まず1点、そして勝利を目指してがんばれ35期!




<35期 公式戦初勝利!!>

9月9日(日) 、一年生大会が行われBチームが成城学園ボーイズさんと日野ボーイズさんの合同チームに7対4で勝利しました。
初回は守備のエラーが響き先制点を奪われる不安な立ちあがりとなりましたが、すぐに追いつき、8安打で勝利しました。

一年生大会はまだまだ続きます。一つ一つのプレーを丁寧に、緊張感をもって戦って欲しいと思います。




<35期 始動!!>

8月19日(日)に、新チーム決起会が行われました。

この日までの1週間、早朝から夕方までみっちり練習。酷暑の中、真っ黒になりながら頑張りました。

翌週8月26日(日)には、八王子市長旗争奪大会があり、35期初の公式戦でした。
33期の先輩方とご父兄も多数応援に駆けつけてくれました!!先輩方は途中、グラウンド整備も買って出てくれました✨
が、横浜北都ボーイズさん相手に0対1と惜敗。
35期総力をあげて戦い、幾度となくピンチを乗り越えるナイスゲームでしたが…ホームベースが遠かった。
何度かチャンスもあったので、チャンスを確実にモノに出来るよう、一丸となって練習に励みましょう!
このあとは一年生大会が行われます。
今年はA・B2チーム出場予定。
決勝戦で対戦出来るのを期待しております♪




<33期の活動が終了しました>

8/18は横浜市長旗争奪大会の2回戦vs麻生ボーイズさんでした。1年生の時から一番練習試合をやってきたチームで、お互いの成長を確かめ合えるような、縁を感じる試合でした。結果は逆転からの逆転が続くナイスゲームで、最後は5対6で惜しくも敗れました。

これによって3年生の活動が終了となり、翌8/19に河川で引退式を行いました。

少人数で特別すごい選手もいないチームでしたが、
・1年生大会では準優勝
・2年生では東日本選抜大会出場
・3年生では全国大会出場
と、毎年確実に階段を登り、見事な結果とたくさんの思い出を残してくれました。

これまでの3倍食べないといけない最低800gの飯トレ
意味あるのかと思いながらひたすら走る京王閣往復ラン
心臓が悲鳴をあげるポール間ラン
血止めをしながらの1000回素振り
チームメイト脱退危機での全員での話し合い
などなど、いろいろ苦しい道を力を合わせて乗り越え、チームとして成長していったのがこのチームの特徴だったと思います。

この2年でOBの若手コーチも増え、ベテラン&若手のコーチングスタッフが充実したことも快進撃の原動力になりました。

常に先を見据えチーム全体のことを考えてくれる監督
言うべきことは言い、厳しく指導してくれるコーチ
最新の指導理論を基に科学的な指導をしてくれるコーチ
子どもの気持ちに寄り添い心の支えになってくれるコーチ
一緒に楽しみながらチームをのらせてくれる若手コーチ
などなど、様々なタイプや世代のコーチがいてくれるおかげで、子どもたち一人ひとりの個性にあった指導や育成につながり、大きく成長することができました。

まさに、選手とスタッフがワンチームとして1つなり、それがこの結果につながったのだと思います。本当に、この2年半はすばらしい時間でした。こんな時間と経験ができたことを全ての関係者の方々に感謝し、これからの人生の糧にしていってもらいたいと思います。

ここまで応援・支援いただいたみなさま、本当にありがとうございました!

35期の保護者・選手のみなさん、是非33期を超えるすばらしいチームと成果を目指し頑張ってください。これからはOBOGとして応援しています!




<全国大会に出場してきました!>

8/3は待ちに待った選手権大会でした。愛知小牧ボーイズさんと対戦し、結果は1対8で負けました。

結果は残念でしたが、試合後、監督とコーチは試合内容には一切ふれず、
「11人でここまで本当によく頑張った」
「君たちとやれて楽しかった」
「いい夢見させてもらってありがとうしかない」
という言葉を選手にかけてくれました。。。

いつまでも止まらない選手たちの涙、涙、涙が、彼らのここまでの道のりを物語っていました。

小さく少ない33期をここまで導いていただいたスタッフのみなさん、少人数ゆえに当番を回すのが非常に大変だったであろうお母さんお父さんたち、大声援で選手たちののびのび野球を引き出してくれた1年生選手・保護者とOBOGのみなさん、ありがとうございました!

ここまでの経験は、これからの人生をずっと支えてくれる、一生の宝物になったことと思います。
本当に、本当にすばらしい2年半でした。

狛江ボーイズ、最高です!





<祝!全国大会出場が決定しました!>

6/17の選手権大会決勝(vs八王子桑都ボーイズさん)に7対0の5回コールド勝ちを収め、見事全国大会出場の切符を手にしました!

最後の最後に、これまでで最高のプレーができた選手たちは、本当にすばらしかったです。1年生を始めとする応援団もこれまで以上の大声援で、選手たちを勇気づけてくれました。スタッフ陣を含め、まさにチームワークの勝利でありました。

チームを代表して、父母会長の小川より、ここまで応援してくださったみなさまへメッセージをお伝えいたします。

「33期はこの度西支部予選を勝ち抜き、全国出場の夢を果たす事ができました。
応援に球場まで足を運んで頂きましたOBの皆様、SNS等で見守って下さった皆様には、現役一同感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。
選手達も、監督、コーチの下、野球から多くを学び、ひとまわりもふたまわりも大きく成長しています。
8月上旬、全国の景色を一戦でも多くお届けできたらと思います。
これからも、応援宜しくお願い致します」

狛江ボーイズ33期 父母代表
小川 典子/




<祝!選手権大会予選決勝進出決定>

遂にやってくれました!!本日、東村山中央Bさんに3対1で勝利し、選手権大会予選決勝進出です(^^)/
最高にしびれる試合でした。2回に1点ずつ取り合った後は、両先発投手の素晴らしい投げ合いで6回表まで1対1の息詰まる投手戦。相手エースは西支部最高の投手で、チームも西支部では負け無しのまさに王者でありました。

しかし6回の裏、遂に狛江Bがとらえます!先頭打者が2塁打を放ち、続く送りバンドがオールセーフからの盗塁でノーアウト2・3塁の絶好のチャンス到来。しかし、ここから連続三振をくらい、相手エースの底力を感じたそのとき、眠れる男のバットが火を吹き、痛烈なライナーがライトフェンスを直撃!2点を獲得し、王者を追い詰めました。

7回表、ここを抑えれば夢の決勝進出という場面に、応援団は息をするのも苦しい時間でしたが、選手たちは集中力を切らさず、見事に勝利を勝ち取りました!おめでとう、狛江ボーイズの選手たち。たった11名しかいない小さなチームが、最後の最後の大会で、大きなことをやってくれました。

今日は試合会場の急な変更で、頼もしい1年生の応援団が来られずピンチでしたが、学生コーチとOB選手が駆けつけてくれ、それはそれは最高に素敵な応援を繰り広げてくれました。この団結力が狛江ボーイズの強さの源だとあらためて感じました。応援してくれたみなさん、本当にありがとうございました!

6/17の決勝は、ダイワハウススタジアム八王子にて八王子桑都ボーイズさんと戦います。OBOGのみなさん、是非応援にいらしてください。共に夢を実現しましょう(^^)/




<2018/04/26 清水美祐選手の快挙!>

吉報!狛江ボーイズ出身の清水美祐選手が、見事WBSC 女子野球ワールドカップ代表メンバーに選出されました! 清水選手、おめでとうございます!

しかも、橘田監督からは「投手は里投手(愛知ディオーネ)、清水投手(アサヒトラスト)、田中投手(尚美学園大学)の3名を軸に考えている」との発言が。狛江ボーイズの先輩が侍JAPANの主軸として世界で戦う姿、今から本当に楽しみですね。

水崎監督に届いた清水選手からのメッセージを共有させていただきます。

「今日、発表がありましたが、2018年W杯の正式メンバーに選ばれました。これからシーズンも始まりますが、自分のできることを精一杯やりきります。なかなか時間が合わず、狛江ボーイズに挨拶に伺うことができていませんが、時間が合えば、お邪魔させていただきたいと思います。今後もよろしくお願いします!」清水美祐


http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20180426_1.html
掲示板
卒部生の進学先
狛江ボーイズは今年で36年目となる歴史と伝統のあるチームです。
名門高校野球部にOBを輩出しています。勿論甲子園出場を果たしたOBも居ます。
卒部生の名簿はこちらへどうぞ。
卒部生の進学先は
Produced by yakiu.com